期間限定で乗る予定なら中古車を購入する

車がなければ生活がしづらい地域に暮らしていると、一家に一台ではなく、一人に一台程度保有している家庭も珍しくありません。

しかし一人が一台保有するとなると、駐車場の確保や保険代、税金などの車の維持費もかかってきますので、本当に必要かを考えて購入を検討するようにしましょう。



例えば子供が大学生になり、自宅から通うことになったのであれば、どのようにして通うことになるでしょうか。
駅から遠いのであれば、バスに乗って駅に行き、駅から電車に乗って大学の最寄り駅まで行くことになります。

駅から大学までも遠いとなるとまたバスに乗って通わなくてはなりませんので、通学時間も交通費もたくさん必要になるでしょう。



その場合にはバスや電車を使って通学をするのではなく、車に乗って通学をするようにした方がいいでしょう。そうなると子供のために車を購入しなくてはなりませんが、新車と中古車を購入するのではどちらがいいでしょうか。



大学に通う四年間だけしか乗らない予定なのであれば、中古車の検討をするべきです。卒業をして就職をすれば、新車を購入する予定なのであれば、大学生の間だけ乗れる車があればいいからです。

年式の古い中古車であったとしても、大学の四年間限定というつもりで購入するのであれば、無理をして新車を購入する必要はないでしょう。
新車の半額程度で車を購入できるのであれば、本人がアルバイトをしながらでもローンを支払っていく事もできるはずです。